お弁当が高級だとどのような効果があるのか

人生の節目をお祝いしたり葬儀や法事をしたりする、冠婚葬祭の催し事の際には、多くの人々が一堂に会して食事をする機会があります。その際、料理店で食事をする方法以外に、高級な仕出し弁当を注文する方法もあります。仕出し弁当を利用すると、料理店以外の自分の都合の良い場所に食事を用意することができます。小さな子どもや行動に制限のあるお年寄がいたり、冠婚葬祭に適した料理店が近くになかったりする場合などに便利です。また料理店に比べて予算の幅が広がります。便利で低予算で済ますことのできる仕出し弁当ですが、できれば高級なものを選ぶと良いでしょう。なぜなら、催し事のために皆、都合を繰り合わせて集まって来てくれます。招待する立場であれば、来てくれたことへの感謝の気持ちを表すことが必要です。高級なお弁当にすることでその気持ちが伝わりやすくなることでしょう。

高級な仕出し弁当ならインターネット注文が便利

お弁当の内容は冠婚葬祭のどのシーンで用いるかにより異なります。例えば、結納など結婚するに際し家族が一堂に会する際のお弁当には、尾頭付きの鯛や夫婦をイメージした料理など、縁起物が盛り付けられているお弁当がおすすめです。また、赤ちゃんの成長をお祝いし健やかな成長を祈願するお食い初めの際には、儀式に適した器で料理を提供してくれるお店もあります。さらに、葬儀後の精進落としや法事の際には、祝い事に使われる鯛やエビなどを除いた和食を中心にしたお弁当の他に故人が好きなものを組み合わせるなどニーズに応じた自由な食事内容にすることが可能です。高級な仕出し弁当は電話やインターネットから注文することができ、中でもインターネットでは、予算や食事をするシーンなどに応じて写真を見ながらお弁当を選ぶことができますので便利です。

高級な仕出し弁当は感謝の気持ちを表します

食事をするシーンに応じて選んだり、好きなものを組み合わせたりすることのできる仕出し弁当ですが、予算に応じて選ぶことも可能です。冠婚葬祭で食事の場を設ける際の食事代の相場は、結納であれば1万円程度、子どものお祝い事や長寿のお祝いでは5千円程度、精進落としなどの法要であればおおむね5千円から1万円などと言われています。これは一般的な料理店での相場ですが、仕出し弁当を注文する際にも参考にすると良いでしょう。お弁当は料理店を利用する場合に比べてリーズナブルに済ませることができますが、冠婚葬祭での食事の目的は、お祝いをしたり弔いをしたりすること以外に、主催者が来てくれた人々へ感謝の気持ちを伝えることも含みますから、あまり簡素にせず高級な仕出し弁当を注文する方が良いでしょう。