シチュエーション別の高級なお弁当について

冠婚葬祭のシーンで多くある法事や法要では、喪主からの振る舞いで親類縁者や友人などゆかりのある人々と故人を偲びながら、心を安らかにして思い出を語り合いながら食事を共にする機会があります。喪主によっては法事や法要プランを提案している料理店を利用する方もいますが、多くの場合は仕出しの高級な弁当や仕出し料理の宅配サービスを利用するようです。法事や法要での食事振る舞いは通夜に始まり、告別式の後から初七日、四十九日を一旦の区切りとして、一周忌、三回忌を迎えるまで続きます。法事や法要といった冠婚葬祭の場面で高級な弁当の宅配を利用が増えている理由に、法事や法要はパーティとは違って騒いだり賑やかに過ごす場ではないため、オードブル形式では取りにくいという難点があります。その点弁当なら全ての人が食べやすく、気遣いが必要ない点があります。

冠婚葬祭で使う高級な弁当を注文する方法

冠婚葬祭用の高級な弁当を扱っているお店は、実際にお店を構えて飲食店を経営しているお店や、インターネット専門で経営しているお店などさまざまあります。実際に店舗があるお店に注文をする時は、電話や直接店舗に出向いて注文する方法がありますが、店舗がない場合の多くはインターネットで注文を受けています。サイト上に注文する際の注意点が書かれていますが、注意するポイントとして、多くのお店で最低注文数が設定されています。個数はさまざまですので、5個以下など少数の時は受付してもらえるかどうかの事前確認が重要となります。また配達日の何日前までの予約が必要なのか、配達には送料がいるのか、また配達エリアはどこなのかも確認することが大事です。実際に注文を行い、お店からの確認の連絡があった時点で注文が確定するケースが多くなっています。

イベントには高級な弁当を活用しましょう

仕出しを扱っているお店の多くは冠婚葬祭用のメニューを扱っており、自宅で手軽に高級な弁当を楽しめると人気が高まっています。イベントなど家族や親戚が多く集まる席で、シチュエーションに応じた高級な弁当を楽しみましょう。イベントとして多くあるのが、結納を自宅で行う時や結婚のお披露目会などです。また赤ちゃんが生まれてからはイベントがグッと増えます。まず赤ちゃんが生まれてから100日目に行うお祝いのお食い初めです。こちらは地域によって用意する食べ物が違っているので、相談しながらメニューを決められるお店を見つけると良いでしょう。その後は七五三のお祝いや誕生日パーティなど、人が多く集まる席が多くなります。全ての料理を自分で用意するのは大変なので、高級な弁当を活用して皆をおもてなしすると喜ばれます。